DKIMとDMARCレコードの設定【さくらのレンタルサーバ+お名前.com】

Gmail ドメイン

はじめに

2024年02月01日からGmailの「メール送信者のガイドライン」が変更されるそうで、メール送信者が自分のメールサーバーやドメインで「なりすまし対策」のSPFとDKIMとDMARCをちゃんとしないと、受信拒否や迷惑メールに振り分けられたりするそうです。

なので急遽、DKIMとDMARCの設定をしたのですが、DKIMレコードとDMARCと設定するのは初めてでちょっと迷ったのでメモしておきます。

Gmailのメール送信者のガイドラインの変更について

ガイドライン変更の概要は

Gmailでは2024年2月以降、Gmailアカウントに1日あたり5,000 件以上のメールを送信する送信者に対し、
1. 送信メールを認証すること、
2. 未承諾のメールまたは迷惑メールを送信しないようにすること、
3. 受信者がメールの配信登録を容易に解除できるようにすること、
の3つが義務付けられます。
詳しくは、1 日あたり 5,000 件以上のメールを送信する場合の要件をご覧ください。

と書いてました。
詳しくは本家ページをご確認下さい。

メールサーバやドメインの環境

メールサーバ環境

メールサーバは「さくらのレンタルサーバ」です。
でもDNSは利用していません。

ドメイン環境

ドメインは「お名前.com」で買って、DNSもお名前.comのDNSを利用していますので、本題のDKIMレコードとDMARCレコードは「お名前.com」で設定しました。

DKIM署名の作成とDMARCの設定

DKIM署名の作成とDMARCの設定は「さくらのレンタルサーバ」ヘルプページ「DKIM署名、DMARCを設定する(外部ネームサーバー利用の方)」を見て設定しました。
ヘルプページは分かりやすく、難しくなかったので説明は割愛します。

DKIMレコードDMARCの設定

さてここからが本題です。
サーバーコントロールパネルで設定したDKIMとDMARCのDNSレコードの確認ができ、それをコピーしてお名前.comで設定すればいいだけなんですが、ちょっと迷ったところがあったのでメモしておきます。

DKIMレコードの値

さくらのレンタルサーバDNSレコード確認
DKIMレコードの値は、サーバーコントロールパネルでは

"v=DKIM1; k=rsa; p=MIIBIjANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOCAQ8AMIIBCgKCAQEA1OAyL9ujk4BFiJudDoXJNSKXGJBvF8FznL2KJ7ufaB4SGqG3b8t/FEE/b4gZh6VX1uOcc0Ucdhb014X+A2Mk/TkrJoMQ8s4rh7GE3xzPU2KbL9p2RrOWN/n+4QhGPq3JKY9MbQ5EvN04YMG0aQCobI3HsR+xngzsvaAJq3h4X2Qi4fj5CuTFVX/Pn4tlgxU"
"AGnI9sh98Xmq28eWNEhHy/ZXSavltpOCgZDOMxVyXK2C3QTYYfw6E1FkoHDaqL2U2kbo+JZij4Kz30oBz75vyjVTOyTdLEH6l0rzPqKVjCMNxBdx7cQi5wh9zvinH6svmJb5iMJj/ZWATh6rm9X/B+AAAAQAB"

となっていますが、お名前.comでVALUEにそのまま貼り付けるとうまく行きません。
まず、ダブルクオテーションがいらないのと、改行を削除してKEYの文字列を繋げないとダメでした。なので、正しくは下記になります。

v=DKIM1; k=rsa; p=MIIBIjANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOCAQ8AMIIBCgKCAQEA1OAyL9ujk4BFiJudDoXJNSKXGJBvF8FznL2KJ7ufaB4SGqG3b8t/FEE/b4gZh6VX1uOcc0Ucdhb014X+A2Mk/TkrJoMQ8s4rh7GE3xzPU2KbL9p2RrOWN/n+4QhGPq3JKY9MbQ5EvN04YMG0aQCobI3HsR+xngzsvaAJq3h4X2Qi4fj5CuTFVX/Pn4tlgxUAGnI9sh98Xmq28eWNEhHy/ZXSavltpOCgZDOMxVyXK2C3QTYYfw6E1FkoHDaqL2U2kbo+JZij4Kz30oBz75vyjVTOyTdLEH6l0rzPqKVjCMNxBdx7cQi5wh9zvinH6svmJb5iMJj/ZWATh6rm9X/B+AAAAQAB

コメント